M字脱毛に効果が有るためには

沢山の、無数といって良いほどの育毛剤が発売されていますが、どの育毛剤もがM字脱毛に効果が有るわけではないのです。

 

  • M字脱毛の効果が有る育毛剤
  • M字脱毛に効果がない脱毛剤

 

育毛剤は決して安くはありません。

 

M字脱毛に効果が有るためには、

 

男性ホルモンの一種である、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑える作用がなければならないのですす!

 

貴方がお使いの育毛剤には、DHT産生抑制作用がありますか?

同じ脱毛でも種類が有る

まず、M字脱毛とO字脱毛の違いを理解して下さい。

 

脱毛には大きく分けて、

 

  ・ 頭頂部から薄くなるタイプ     (O字脱毛/O型脱毛
  ・ こめかみ部分が後退するタイプ  (M字脱毛/M型脱毛

M字脱毛とO字脱毛

分けられます。

 

この、こめかみ部分が後退する上の写真のようなハゲが、男性型脱毛症といわれる成人男性に発症するタイプのハゲで、

 

最近ではAGA(Androgenetic Alopecia)と呼ばれるハゲで、40代以降に発症するものを壮年性脱毛症と呼ばれています。

 

Androgeneticとは、「男性の」とか「男性ホルモンの」という意味で、Alopeciaは「脱毛症」です。

 

男性のハゲの90%以上はこの男性型脱毛症(AGA)だともいわれており、最近増加している、20〜30代でみられる若年性脱毛症も男性型脱毛症(AGA)の一種です。

 

M字脱毛が起こるわけ

ハゲの原因としては、職場でのストレスや、若いサラリーマンにありがちな不規則な食事・睡眠不足なども大きく関与しているのですが、AGAには、男性ホルモン遺伝が大きく影響しているのです。

 

男性ホルモンは、5α-リダクターゼという酵素によって、ホルモン活性が10倍以上強いジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変化します。

 

薬用プランテルはM字脱毛(AGA)に非常に効果が有ると評判の育毛剤です

 

DHTは体の各部位にあるDHTの受容体というものに結合して男性ホルモン効果を現すのですが、毛根部分のDHT受容体に結合することによって発毛が抑制されてしまうのです。

 

5α-リダクターゼという酵素の過多や毛母細胞のDHTの受容体数は遺伝的な要素が強く、
したがって、“AGAは遺伝する”と言われるのです

M字脱毛を抑えるには

M字脱毛の大きな原因がお分かりになったら、どうしたらM字脱毛を防ぐことができるかはお分かりになったと思います。

 

そうです、DTHを抑えれば良いのです。

 

DHTを抑えるためには、

 

5α-リダクターゼという酵素を抑える必要があるのです。

 

この、5α-リダクターゼという酵素を抑える作用がなければM字脱毛には効果がないのです。

プロペシアはM字脱毛に有効!!。 だが、、、

M型ハゲでは5α-リダクターゼという酵素を抑えてジヒドロテストステロン(DHT)の生成を少なくする必要があるのですが、最近、新しい薬がでました。

 

メルク社のフィナステリドという、5α-リダクターゼを阻害する薬で、日本でも2005年から、プロペシアという商品名で発売されました。

 

飲む毛生え薬として有名になったのでご存じでしょう!

 

この薬は、お店で買うことはできず、医者の診断の後に処方箋が必要です。

 

 

 

プロペシアももともと育毛で開発された薬ではなく、副作用が気になるのです。

 

この薬は、前立腺肥大や前立腺癌において、男性ホルモンをブロックする薬治して開発されたのですが、その後、育毛薬として転用されたのです。

 

 

国内では「重大な副作用として肝機能障害が起こり得る」と記載されています。

 

2013年に米国の厚労省に相当するFDAは、「プロペシア1mgとプロスカー5mgに対してED症状勃起不全、さらに射精不全を製品の注意書きに追加するように、またプロスカー5mgに対して、精子に影響を及ぼす恐れもある」ことを記載するようにメルク社に要請したと発表しています

 

M字ハゲもイヤだけど、肝機能障害、性欲減退、EDはもっとイヤなのではないでしょうか

プランテルはDHTを抑える作用がある!

プランテルには、5α-リダクターゼを抑制し、DHT産生抑制作用があるというので調べてみた。

 

サイトで調べてみると、プランテルは主に7種類の植物エキスからなるようだが、注目されるのは下の3成分ではないかと思われる。

 

薬用プランテルの有効成分

 

ヒオウギエキス

東南アジアに生息するヒオウギという植物から抽出したエキスで、イソフラボンが含まれ、ヒアルロン酸やコラーゲンの合成を補助することから化粧品にも配合されているようで、育毛剤では頭皮保湿のために添加されることが多いようだ。

 

このイソフラボンが注目される!!。
イソフラボンは植物性エストロゲンといわれ、大豆などにも含まれるのですが、このイソフラボンがM型脱毛の原因である5α-リダクターゼを抑制する働きがあるのだ。

 

牡丹エキス

牡丹の根の皮から抽出したエキスで、抗菌作用や血行促進など様々な効果が期待できます。
育毛剤だけでなくシャンプーや化粧品に配合されることがあり、実際のマウスの試験でも育毛の有効性が得られたみたいです。

 

ビワ葉エキス

ビワの葉から抽出した植物成分のエキス。
消炎作用があり、また頭皮の血行を良くして育毛効果が有ることが知られているのだ。
化粧品でも肌荒れやニキビの改善に役立つとしても使われているのだが、発毛に関しては、毛母細胞に作用して髪の成長を促すFGF-7という成長因子の産生を促進し、成長期の停止に関与するFGF-5の発現を抑制するようだ。

 

植物エキスが主成分で、“本当に効果が有るの、、?”と心配ですが、、、

 

脱毛抑制、育毛効果が認められた【医薬部外品】として承認されているのだから安心できるだろう。

 

価格は、、、やや高い?

 

高価格と言っても、50日分で9,800円ですから、ちょっと高級な整髪料という感じですよね。

 

価格については、次回にでも、リアップやプロペシアと比較してみようと思うが、プランテルの方が安そうな感じがする。

 

更新履歴